STEAK HOUSE BRONCO BILLY SINCE 1978

  • メニュー MENU
  • お店を探す SHOP
  • 注目情報 SPECIAL

HOMEブロンコビリーのこだわり > 品質向上への取り組み

FEATURE ブロンコビリーのこだわり

品質向上への取り組み

「ご馳走」の追求「ご馳走」の追求

現地に足を運んで探し出したステーキ
現地に足を運んで探し出したステーキ

「ご馳走」という言葉は本来「走り回ること」「奔走すること」を意味する言葉が、客人をもてなす料理の意味に転じたといわれています。私たちは常にお客様に価値のある料理を提供するために、現地に足を運んで日本人の好みに合ったおいしいステーキを探し出します。

現地牧場との連携でさらなる質の向上
現地牧場との連携でさらなる質の向上

ブロンコビリーでステーキ、ハンバーグに使用している牛肉は、責任を持って安心で安全な商品をお客様へ提供するために、定期的に現地牧場、加工工場への視察を行い、肉質や飼育環境、食べている餌など、担当者が自らの目でしっかりと吟味し、現地生産者と連携をとって安全への品質を高めています

新潟県魚沼地域の生産者と連携
新潟県魚沼地域の生産者と連携

ブロンコビリーこだわりの大かまどごはんに使われている「魚沼産コシヒカリ」。その産地である新潟県魚沼地域でも生産者の方々と直接顔を合わせ、土壌や農薬に関して定期的に調査結果を提出してもらい、品質の向上、維持に役立てています。

サラダバーの食材について
サラダバーの食材について

サラダバーに使う野菜や果物は市場から新鮮なものを産地にこだわり買付けしています。近年の食材の安全性に対する意識の高まりに応え、各店で野菜と果物の産地情報を日々更新しています。

流通・加工体制流通・加工体制

自社工場における品質管理
自社工場における品質管理

当社では、主力であるステーキ、ハンバーグミンチ、ソースを、ファクトリー(自社工場)で製造しています。
自社工場で製造することによって、品質管理がしやすくなり、安全面の確保やお客様の要望への迅速な対応が可能になります。

毎日配送の仕組み
毎日配送の仕組み

ハンバーグのミンチは毎朝5時から製造し、その日に挽いたものをその日のうちに店舗に届けています。ステーキは、適度な熟成期間を経た「旬」の状態でカットしたうえで、衛生面を考慮し、なるべく空気に触れないように真空パック。各店舗へ毎日配送し、工場でカットしたそのままの状態でお客様にお届けしています。毎日配送を行なうことによって、商品の高鮮度が維持できるので、安全面でも高い品質が保てます。

新鮮な野菜を毎日配送
新鮮な野菜を毎日配送

お肉だけでなくサラダバーに使う野菜や果物も、お客様にすこしでも新鮮でおいしい野菜と果物をご提供できるように、お店へ毎日配送される物流体制を取り入れています。