検索 店舗検索

更新日:

カテゴリー:お肉の物語

新登場!《ニュージーランド産》超厚切りステーキの魅力

ブロンコビリーの超厚切りの赤身肉ステーキ第2弾「《ニュージーランド産》超厚切りサーロインステーキ」の溢れる魅力を徹底的にご紹介します。

第1弾のウルグアイビーフが大好評につき完売!

第2弾はニュージーランドから、超厚切りのグラスフェッドビーフ(牧草のみを食べて育った牛)がブロンコビリーに登場です。

0527_OM_uruguay_beef04

 

 

「超厚切り」だからこそ味わえる食感

一番の魅力は「超厚切り」。

小型の牧草牛なので、大型の牛と比べた場合同じグラム数なら盤面が小さい分、形状が厚切りになります。

OM_0808_NZ_atsugiri_sirloin02

薄切りの場合、焼かれる盤面が広いため、焼かれてタンパク質が硬く変性する部分も広くなります。逆に、厚切りは焼かれる盤面が小さい分、中のやわらかな部分が多くなり、肉の旨味とやわらかな食感を楽しむことができるのです。

 

 

「超厚切り」に適した炭焼き調理

超厚切りのステーキを焼き上げるのには、ブロンコビリーの炭焼き調理が適しています。

火の通りにくい超厚切りのお肉も、遠赤外線効果でじっくりと焼くことで、中までアツアツのジューシーに仕上がります。

OM_0808_NZ_atsugiri_sirloin03

さらに備長炭を使った燻煙効果で、炭焼きならではの風味がプラスされ、お肉の味を引き立てます。

炭焼きにこだわるブロンコビリーならではのステーキです。

「炭焼きの美味しさの理由」はこちら

 

 

ヘルシーなのにジューシーな赤身肉

噛みしめると溢れる肉汁は、脂のジューシーさとはまた違う肉の旨味を楽しむことができます。赤身肉は脂質が少ないため、たくさんの量を食べても食後に響かないヘルシーさが魅力です。

0527_OM_uruguay_BBstory00

 

 

低カロリー&高タンパクな赤身肉ステーキ

赤身肉は効率良く良質なタンパク質を摂ることができる食材です。カラダを鍛えている方はもちろん、タンパク質の不足しがちなシニアの方や、成長期のお子様にもオススメです。

OM_0709_athlete_meshi02

 

 

世界第一級の食品安全基準

恵まれた自然環境を誇るニュージーランド。さらに完全放牧というストレスのない環境で、牧草だけを食べて育ったグラスフェッドビーフ。

OM_0808_NZ_atsugiri_sirloin04

そのうえ、ニュージーランドという国自体の安全基準が高く、BSEの発生率ゼロ%。食肉検査システムを国が管理。トレーサビリティの義務化。遺伝子組換え食材の禁止など、世界第一級の安全性を誇る国で育てられているため、安心をお客様へお届けすることができるのです。

 

 

新登場のニュージーランド産ステーキのラインナップ

魅力がいっぱいの《ニュージーランド産》超厚切りステーキのラインナップをご紹介します。

★《ニュージーランド産》炭焼き超厚切りサーロインステーキ

OM_0808_NZ_atsugiri_sirloin05

ステーキ単品で150g¥1,480(税込¥1,598)から

メニューはこちら

 

★炭焼きブロンコハンバーグ&《ニュージーランド産》炭焼き超厚切りサーロインステーキ

OM_0808_NZ_atsugiri_sirloin06

人気No.1ハンバーグのブロンコハンバーグと超厚切り赤身ステーキを一度に楽しめるお得なコンビは、単品価格で¥1,980(税込¥2,138)

メニューはこちら

 

★炭焼き極選リブロースステーキ&《ニュージーランド産》炭焼き超厚切りサーロインステーキ

OM_0808_NZ_atsugiri_sirloin07

人気No.1ステーキの極選リブロースステーキと超厚切り赤身ステーキの食べ比べができるスペシャルなコンビです。単品価格で¥3,180(税込¥3,434)

メニューはこちら

 

 

超厚切りステーキで、暑い夏を乗り切ろう!

暑い夏を乗り切るためには、シニアの方からお子様まで、低カロリー&高タンパクの超厚切りステーキがオススメです。

OM_0808_NZ_atsugiri_sirloin00

ご家族・ご親戚が集まるこの時期には、ぜひブロンコビリーの炭焼きステーキ&ハンバーグでご馳走の時間をお楽しみください。

「夏のお出かけ時のブロンコビリー活用法」はこちら

ブロンコビリーをフォロー

この記事が気に入ったら

同じカテゴリの記事