検索 店舗検索

産地からのご馳走「飛騨トマト」

2018.08.06 (Mon)

カテゴリ:野菜の物語

産地からのご馳走「飛騨トマト」

この夏。ブロンコビリー全店の新鮮サラダバーで暑い夏に旬を迎える「飛騨トマト」が期間限定で提供されます。今回はこの「飛騨トマト」というご馳走にスポットをあて、産地からお客様までを繋ぐストーリーをご紹介します。

※2018年8月6日時点での情報です。現在の商品とは異なります。

 

「飛騨トマト」の魅力

OM_0806hidatomato01

観光で有名な岐阜県の飛騨高山は、夏秋トマトやほうれんそうの一大産地としても知られています。

北アルプスや白山連邦の山々に囲まれ、標高差があるため昼夜の寒暖の差が大きい気候の中、栄養豊富で美しい水と新鮮な空気といった大自然の恩恵を受けながら農作物が大切に育てられています。

関東にも関西にも交通の便の良い中部地方のため、流通上の利点が大きいことも、鮮度が命の野菜には重要な要素のひとつです。

 

飛騨トマトの生産者のもとへ

今回訪れた高山市にある生産者槇本さんのトマト農園は、山々に囲まれた高台に位置し、自然豊かで本当に空気のおいしい、まさにこの産地の条件に適した農園でした。

(映像は生産者の槇本さんのトマト農園からの景色です。)

 

 

暑い夏だからこそ、飛騨トマトを食べて欲しい。

生産者の槇本さんに、こだわりをお聞きしました。

OM_0806hidatomato03

OM_0806hidatomato04

飛騨トマトの味の特長は、糖度と酸度のバランスです。しっかりとした果肉が暑い夏に適していると考えています。その味をつくっているのは、昼夜の寒暖差、山々からの雪解け水、そういったものに恵まれているおかげだと思っています。

OM_0806hidatomato05

最盛期の8月には毎朝5時ごろから6〜7人ぐらいの人で、朝の涼しいうちに収穫を行います。

OM_0806hidatomato06

今年は本当に暑いですが、暑い夏だからこそうちの飛騨トマトを味わっていただきたいと思って毎日頑張って収穫させていただいています。

 

 

直接産地に足を運び食材を厳選

OM_0806hidatomato07

ブロンコビリーでは、メイン食材となる牛肉以外にもお米や野菜など様々な食材を、仕入れ担当者が直接産地へ何度も足を運び、生産者の方々の顔見てお話を伺いながら、現場の環境や自らの舌で味を吟味し、お客様のために最高の食材を選ぶことを心がけています。

 

 

産地からお客様までを繋ぐ「コールドチェーン」

OM_0806hidatomato08

OM_0806hidatomato09

気温の低い時間に収穫された槇本さんのトマトは、スピーディーに色やサイズの選別された後、巨大な冷蔵庫の中で予冷されます。

OM_0806hidatomato10

飛騨トマトは、毎日飛騨から各地の市場に向けて、低い温度帯を保ったまま保冷トラックでチルド配送されます。

市場に届けられた野菜も同様に、冷蔵庫内に保管されブロンコビリーの店舗への出荷を待ちます。その他の野菜といっしょにブロンコビリーの各店舗に向けてチルド配送されます。

OM_0806hidatomato11

朝、収穫された野菜をいち早くお客様の元へ届けるリレーのスピードと、朝の低い温度で収穫し、その後も低い温度帯を保ち続けたままお客様のもとへ届ける「コールドチェーン」という物流の仕組みが、野菜の味に大きな影響を与えるのです。

 

 

オープンキッチンで店内調理

OM_0806hidatomato12

ブロンコビリー各店に「コールドチェーン」で届けられた新鮮な野菜は、店内のオープンキッチンで次々とカットされ提供されていきます。常に新しい野菜をカットし、お客様に新鮮なものを食べていだけるように心がけています。

リコピンが含まれ、健康野菜としても有名なトマト。ぜひお店で食べてみてください。

>サラダバーメニュー一覧

OM_0806hidatomato13

 

 

「ご馳走レストラン」を目指して

客人に美味しい食事を用意するために、各地に馬を走らせたという「ご馳走」の語源の通り、ブロンコビリーは、お客様のために本当に良い物を世界中、日本中から集め、最高の状態で提供することを目指しています。

OM_0806hidatomato14

>「ご馳走ストーリーズ」とは

  • LINEで送る

同じカテゴリの記事