代表取締役社長 竹市 克弘 インタビュー

Q ブロンコビリーはどんな会社?

ハンバーグとステーキの専門店というのが皆さんの認識されているブロンコビリーだと思うのですが、我々が実現していくのは、お客さまに食事を楽しんでいただく、ちょっと贅沢だけど、家族や大切な人が集まって、美味しい料理と、楽しい時間を過ごせる、そんなレストランだと思っています。
お客さまが外食をされる、それはやはり食の美味しさ・楽しさ、そういうものを求められていて、そのお客さまを、精一杯の努力、精一杯のおもてなしを通して幸せにしたい、これが我々の仕事だと思っています。

Q 会社を経営していく上で大切にしていることは?

働いている人たちがちゃんと笑顔で働ける、そういう職場を作っていくことが会社を経営する上で大切なことだと思います。
仕事をする以上、お客様からお金をいただく以上、その仕事を通してどれだけのお客さまへ価値を提供できるかどうか、そしてそのお客様から感じ取ったことが働いている人のやりがいにつながる、そういう会社でなければ、仲間を幸せにすることは出来ないと思います。ブロンコビリーで働いてくれる仲間、社員・従業員の人たちが、ずっと明るく前向きに一生懸命働けるかどうか、これが一番重要だと思いますし、そうやって働いてくれる人たちに会社としてどうやって報いることができるか、これが会社としての使命なのではないかと思っております。ブロンコビリーの存在意義とは、ずばり、働いてくれる人たちが物心両面でずっと幸せでいてくれるか、この一言に尽きると思うのです。

Q社員の方がイキイキと働いていると感じました。

この仕事は真剣にやればやるほど、お客さまは喜んでくださいますし、頑張った成果が伝わってきます。もちろん働く対価としてお金をいただくのですが、それ以上に、頑張った成果というのはお客様が一番見てくれていますので、そのお客様の「楽しかった、美味しかった、また来るね」の言葉が働く人の一番のやりがいになるのだと思います。そのために我々は美味しい料理、気持ちの良いサービスに挑戦していきながら、ずっと地域で働いてくれる人たちを守っていけるレストランでありたいと思っています。

Q そういった意識を社員に浸透させる秘訣は?

もともと皆さんそういう意識をお持ちだと思うのですよ。
どうそれを表現したらいいのか、どうしたらそれが実現できるのか、わからない中で、模索をしながら仕事をしていると思うのです。会社の方向性としては、どこに向かうのか、何を実現するのかさえしっかりと定め、それに対してみんなの気持ちを合わせていけば、素晴らしいことが実現できる、そのために会社とは存在すると思っているので、会社にそういう思いを持った人が集まって、その思いを持った人のいいところが出て、そしてお客さま・仲間へ良い影響を与えられる、もっともっとその人が持っているものを引き出して、価値に変えていく、笑顔に変えていく、それができるかどうかが我々の使命だと思っています。

Q 今後の展望は?

創業37年で節目の年になりますが、食という身近な職業を仕事にしている中で、なぜお客さまが外食するのかを考えていくと、やはり普段家では食べられない、美味しくて楽しい、そんなレストランにしていきたいと思うのです。規模の大小ではなく、地域のお客様にとって日本一美味しいレストランです。
そこで育った人たちが今度は自分の子供を連れてまた受け継がれていく。
そんな、ただ単に儲けるだけのレストランではなく、生きていくために大切である食の価値を大きくしていき、そこに来るお客さまが、身近なところに本当に美味しいレストランがあって幸せだったなと思っていただけるような、そんなレストランを作っていくために、我々は新規出店や、もっと美味しいものを探しに全世界を飛び回ったりしています。
今年は店舗数が100店舗になるのですが、勢いは更に加速をしていき、東海地方だけではなく、関東・関西へも出店し、もっと多くのお客様と、もっと多くのパートナー・社員の方と出会い、その人たちから本当に必要とされるレストランを作っていきたいと思っています。それが実現できれば、「日本一のレストラン」は通過点となり、ひょっとしたらその先にもっと美味しいものを食べたいと思ってくれる全世界のマーケットへも広げていけるのではないかと思っています。
美味しいものというのは、全世界共通だと思っています。美味しいものは美味しい、そして、美味しいものが食べられるところには、本当にそれを期待してくれる人が集まる、そういう人が集まり楽しめる場所、そんな会社に我々はしていきたいと思っています。

Q より多くの人が集まる場所の実現のために、力を入れていきたい部分は?

ずばり、働く人にいかに経営参画してもらうかだと思います。
会社というのは1店舗1店舗の経営ができない限りは、どんなにいいものを提供し、どんなに笑顔で溢れていても存続はできません。
ですから、やはり働く人やお客様の、このお店が在り続けてほしいという想いを経営の数字に変えて、しっかり利益を出して、一店舗一店舗が一つの会社ぐらいの気持ちでいる事が重要だと思うのです。どれだけ多くの人たちに、この店が在り続けてほしいという想いを持っていただき、経営に結びつけていくか、これが本当に一番重要で、それだけ多くの人たちが想ってくれれば、絶対その店は続くはずだ、というふうに思っています。