検索 店舗検索

更新日:

カテゴリー:スペシャルトピック

産地からのご馳走「播磨灘の一年牡蠣」

ブロンコビリーがこだわる食材は、実はお肉と野菜とお米だけではありません。 これからの時期に外せない食材「牡蠣」にもとことんこだわります。季節限定「播磨灘の一年牡蠣」の魅力をご紹介します。※2020年10月公開時点での情報です。

恵まれた環境で育った「一年牡蠣」

OM_harimanada_kaki01

バイヤーが訪れたのは瀬戸内海の小豆島の近くに位置する、自然が豊かな日生(ひなせ)海域

OM_kaki03
この海域で養殖される牡蠣は「一年牡蠣」と呼ばれ、ミネラル豊富な山、川、海の自然の恵みに育まれ、牡蠣のひとつひとつが一年で大きく成長し、身がぎっしりつまっていることで有名です。

 

 

一年牡蠣の美味しさの秘密

一般的な牡蠣は成長して出荷できるようになるまで約二年かかりますが、一年牡蠣は名前の通り、播磨灘の恵まれた環境の中一年だけで大きく育ちます。
一年牡蠣はほとんど排卵を行わないため、栄養分を逃すことなく成長し、柔らかく縮みにくい牡蠣へと育つのです。そして短期育成のため、海の影響を受けにくく磯臭さも少なくなります。

OM_kaki04

加熱調理をしても身が縮みにくく「ぷりっ」とした食感で、旨みと甘みをたっぷりと蓄えた牡蠣です。

苦味、磯臭さが少なく、牡蠣が苦手という方にもおすすめです。

 

 

一年牡蠣の育成から出荷まで

自然豊かな日生の牡蠣育成に適した海域で、牡蠣の養殖を行います。

OM_kaki05

4月〜5月「育成」
種付けをした牡蠣を養殖用のいかだに吊るして島陰の穏やかな漁場で育成させます。

6月〜9月「中間沖出し」
大きく育てるために本漁場に近い漁場にいかだを移動させます。

OM_kaki06

9月下旬〜10月初旬「沖出し」
いかだを本漁場に移動させます。

OM_harimanada_kaki02

10月「採り上げ」
本漁場で大きく育ててから牡蠣を陸揚げします。

OM_kaki07_2

陸揚げをされた牡蠣は、漁場からすぐ近い加工工場に運ばれ、洗浄、選別、検品などを行います。

OM_kaki07_3

牡蠣の加工工場の衛生管理についてもバイヤーの厳しい基準で判断し、安心と安全をお客様へ届けることを心がけています。

 

 

栄養豊富な「海のミルク」

牡蠣は低脂肪高タンパクの食材で、ビタミン、カルシウム、グリコーゲン、タウリンなどの栄養素がバランスよくたくさん含まれます。その栄養価の高さから「海のミルク」と呼ばれることで有名です。

秋から冬にかけてが牡蠣の旬で、身の中に含まれる水分も減少し風味も充実します。
栄養面からも、美味しさの面からも、牡蠣はこれからの季節に大変おすすめな食品なのです。

 

 

そんな播磨灘の牡蠣がブロンコビリーにやってきました!

以上、播磨灘の一年牡蠣の魅力のご紹介でした。

ブロンコビリーでは今年も、この加熱しても身が縮まず旨みと甘みをたっぷり蓄えた播磨灘の一年牡蠣を、季節限定「大粒牡蠣フライ」として提供します。

20201014_kaki03

ご注文を頂いてから店内でふっくらジューシーに仕上げます。

20201014_kaki05

お好きなステーキやハンバーグにプラス¥380(税込¥418)で大粒 牡蠣フライ2個をトッピングとしてご注文いただけます。

20201014_kaki04

 

この他にもおつまみとして、単品でご注文いただくこともできます。

20201014_kaki06

ワインやハイボールと一緒に播磨灘の大粒牡蠣フライをお楽しみください。

 

お肉と牡蠣の贅沢なコラボレーションが味わえるのは今だけ!

みなさまのご来店をお待ちしております!

20201014_kaki02

メニューはこちら

ブロンコビリーをフォロー

この記事が気に入ったら

同じカテゴリの記事