検索 店舗検索

更新日:

カテゴリー:スペシャルトピック

お肉と合わせて飲みたい!オリジナルワイン「グラッポロ・ドーロ」

ステーキハウス ブロンコビリーのオリジナルワインをご存知ですか? 2018年に登場したブロンコビリー初のオリジナルワイン「グラッポロ・ドーロ」 イタリア語で「黄金の葡萄」というこのワインは、ステーキハウスが肉料理のためにブレンディングしたブロンコビリーオリジナルの赤ワインなんです。

※未成年者および、お車を運転されるお客様へのアルコール販売はお断りしております。

OM_20191001_grappolodoro01

フルボトル(750ml)で¥1,180(税込¥1,298)というリーズナブルな価格ながら、ブロンコビリーが自信を持って商品化したこのワインは、コストパフォーマンスの良い商品としてお客様からたくさんの支持をいただいています。

グラッポロ・ドーロの詳細はこちら

 

 

ワインと食肉の国イタリアでつくられています。

OM_20191001_grappolodoro02

イタリア料理、観光、サッカーでも有名で魅力の溢れる国イタリアですが、ワインの生産地としてもフランスやスペインと並ぶ世界的な生産地です。

そのワインと食肉の国であるイタリアで生まれたワイン「グラッポロ・ドーロ」はどのようなワインなのでしょうか。

 

 

温暖なプーリア地方で育てられた芳醇なぶどう

OM_20191001_grappolodoro03

そんなイタリアで、ブロンコビリーが見つけ出したのが、100年以上の歴史を持つワイナリー。温暖な地中海性気候に恵まれイタリアの中でもワインづくりが盛んなプーリア地域のワイン畑で育てたぶどうで作られています。

OM_20191001_grappolodoro04

ブーツのかかとの部分に位置するプーリア州は温暖な地中海性気候に恵まれており、州の全域でワインを産出し、ブレンド用のワインを大量に輸出して「ヨーロッパワインの貯蔵庫」などと呼ばれてきたそうです。

 

 

100年の歴史を誇る老舗ワインメーカーが製造

このグラッポロ・ドーロを製造するワインメーカー「ロジット&グアリーニ社」のダビデ社長よりコメントをいただきました。

OM_20191001_grappolodoro05

当社は100年の歴史を誇る家族経営からはじまったワインメーカーです。

プーリア州に自社所有の畑を持ち、また同エリアの契約農家からもぶどうを仕入れ、年間4千万本ものワインを製造し世界各国に輸出しています。

おかげさまでプーリア地域でも最も重要なワイン販売会社の一つにまで成長することができました。

OM_20191001_grappolodoro06

ワイナリーでは、伝統を大切にする部分と、最新鋭の設備を導入することで、高品質と生産性の両面を追求しています。

ブロンコビリーを通して日本の皆様に当社のワインを楽しんで頂けること大変嬉しく思います。

 

 

グラッポロ・ドーロの魅力

そんなダビデ社長自慢のワイナリーで作られたグラッポロ・ドーロは、現地担当者とブロンコビリーのソムリエの資格を持つ担当者が何度もテイスティングを行い、ブロンコビリーの肉料理に合う味をブレンディングで追求し完成させたワインです。

OM_20191001_grappolodoro07

ガーネット色、ラベンダー、胡椒、滑らかで複雑な味わいを感じるボディといったバランスの良い味わいを楽しむことができます。

 

 

ステーキハウスのワインをお肉といっしょに

赤ワインには、脂がしっかりあるステーキやハンバーグのようなガッツリ系のお肉料理が合います。

OM_0621akami_miryoku08

赤ワインに含まれるポリフェノールのひとつ「タンニン」のほんのりとした苦味が、お肉の旨味や甘みと混ざることで、複合的な味の深みを楽しめるためです。

OM_bronco_nomi00_1

ステーキハウスが厳選した「ステーキ・ハンバーグに合うワイン」をぜひリブロースステーキ、ヒレステーキなどとご一緒にお楽しみください。

ディナーメニューはこちら

 

ブロンコビリーをフォロー

この記事が気に入ったら

同じカテゴリの記事